院長ブログ

二重左右差を撲滅

左右差の改善は左右一対ある部位の手術を行う美容外科医にとって永遠のテーマですね。

特に二重について左右差の修正は症例それぞれで、左右差の原因に応じた修正方法が適応になります。

眉毛位置の違い、目の形の違い、眼窩の位置の違い、蒙古襞の違い、目尻の位置の違い、目の開きの違いなどなど

左右差に影響を及ぼす原因はとても多いですね。

左右差の原因を明確にして、それらの原因に応じた治療計画を立てることが非常に重要です。

今回ご紹介するのは切開二重後の左右差の修正手術です。

二重左右差 術前開瞼
二重左右差 術前閉瞼

二重幅に左右差があるのは誰がみても明らかですね。

右を広くして、左を狭くする、左右の中間の幅をご希望されました。

左右差修正手術 デザイン

手術デザインです。

よくみると二重のライン(つまり切開している位置)が左右で違っていたようです。

もちろん、目を開いた時の二重幅に差が出ないように、閉じた時の二重ラインについて左右で違う位置をデザインすることはよくあることです。

眉毛位置が高い方が二重幅が広くなりやすいので、もしかすると前回手術した先生はデザイン時に考慮していたのかもしれませんね。

右は二重ラインの眉毛側の皮膚切除、左は二重ラインのまつ毛側の皮膚切除を行うことで修正しました。

左右差修正 手術直後

手術直後の所見です。

直後なので左右差の改善についてはまだはっきり判断できない状況です。

いつも通り、なるべく腫れないように丁寧な手術を心がけています。

(ただし、腫れてしまうケースもあります。)

左右差修正手術 1M後

手術後1か月の所見です。

切開で二重修正をしたとはもうすでに気づかれなさそうです。

二重の左右差に関しては右中央〜内側の幅の狭さが残存しています。(矢印)

患者様からも改善のご希望がありましたので、術後1か月時点で再度修正手術を行いました。

追加手術デザイン

追加修正手術のデザインです。

右は中央の二重上の皮膚を切除、

また、左目頭側ももう少しだけ狭くしたいというご希望がありましたので

左は内側のラインをわずかに狭い位置に変更しています。

このように当院では修正手術を術後早い時期に行うことがあります。

「術後半年経過しないと治せない」とよく耳にしますが、そんなことはありません。

傷跡が柔らかくなってさえいれば術後1か月でも3か月でも修正可能です。

ただし、表面の傷跡だけではなく、内部の傷跡の柔らかさも重要です。

二重の手術は1回で終わらないケースもあります。

修正手術では複数回手術が必要なケースが少なくありません。

そういう意味でも腫れが少ない手術、傷跡が早く柔らかくなるような手術を行うことにとても意味のあるのだと考えています。

術後9か月 開瞼

術後9か月の状態です。

左右差はより一層改善しました。

非常に細かく見ると左右差があるところもありますが、よく改善していると思います。

術後9か月 下方視

下を向いている時、俯いた時も傷跡の食い込みは認めない自然な二重です。

目を閉じた時の傷跡も綺麗ですね。

術後9か月 閉瞼

左右差は本モニターさんのように誰がみても明らかなケースと、日常生活で感じている本人しかわからないケースがあります。

普段感じている、他人から見るとわかりにくい左右差(他人には理解してもらえない左右差)についても是非ご相談ください。

その代わり患者様と認識を共有するため、カウンセリングでは根掘り葉掘り質問しますが嫌がらずにお付き合いください。

「そもそもヒトの顔なんて左右対称ではない」などとは言いません。

お気軽に相談ください。

少しの左右差も許しません!

トコトンお付き合いしますし、付き合ってもらいますよ!

余談ですが、左目の中央に小さなポコっと膨らんでいる部分が見えると思います(矢印)。

皮下に腫瘍(できもの)が出来てしまったようでした。

その後、せっかく修正した二重ラインが乱れてしまわないように、二重ラインから腫瘍の摘出を行なっています。
まぶたにできものができてしまった場合、大切な二重が崩れてしまわないような手術についても対応しております。

お気軽にご相談ください。

 

施行手術:二重修正手術(左右差の修正) リスク:左右差、陥凹、食い込み、閉瞼障害、過開瞼、低開瞼、予定外線、緩み、血腫、感染、その他
手術費用:60万円+税、追加手術は手術規模に応じてその都度算定。